プログラミングを楽しいと思い続けること

どんなことにも言えるのですが、義務だとか考えて無理やりやろうとすると楽しくありません。

だからこそ、どんなことでも、楽しいことだ。ためになることだと考えて物事を取り組んでいます。

でも、やっぱり、無理なスケジュールで仕事を任されたりすると、プログラミング嫌だなと感じてしまうんですよね。

こういう時、やはり、楽しいものだと認識を改めるとこが重要だと考えました。

そうしないと、一歩進めるのがきついですからね。

ある、会社では、バグとりのことをドラゴンを刈りにいくと言うそうです。これ、大発明だと思います。

プログラマーは常日頃から不安との戦いです。

だからこそ、こんな遊び心で、楽しい心のまま仕事ができるといいと思います。